種類別に見るパワーストーン


それぞれのパワーストーンに意味があるということは理解していただけたでしょうか?
300種類以上の数があるパワーストーン。
その石が持つ意味は、似たようなものでも少しずつ違っています。
同じ意味ならどれを持っても一緒!種類とか関係ない!と考えるのは早計です。
前でも言いましたが、パワーストーンには石同士の相性以外にも、持つ人との相性もあります。


また、誕生日や誕生月に合わせたパワーストーン―いわゆる、誕生石というものもあります。
そういったことも考慮して、なるべくならネット通販などではなく、実店舗で見て触って確かめて、石との相性を見た上で選ぶのが良いです。
たとえば、ローズクォーツを買うにしても、これはちょっと違う、波長が合わない、というものもあれば、これしかないと思えるものもあります。
それは、実際に触れることでしかわからないのです。


歴史に見るパワーストーン


古来より、人の願望を叶え、神秘的な力を与えてくれると信じられてきたパワーストーン。
世界各国の歴史から見ても、古代の王侯貴族たちが装飾品として石を身に着けていることは珍しくありません。
それは、宗教的な側面からだけではなく、実際に天然石にそういった力が宿っていることを、身を以て知っていたのでしょう。
世界各地にあるパワースポットには、必ずと言ってもいいほど、石や岩があります。
代表的なもので言えば、ストーンヘンジやモアイ像、日本でも和歌山県・熊野速玉大社の新倉山にあるゴドビキ岩などが有名です。


それだけではなく、水晶などは様々な電子部品として扱われています。
中でもクォーツ時計などは有名ですね。
ですが、みなさんの知らないところ色々なものに、実は水晶が使われているのです。
そういったものは『水晶振動子』『水晶発振器』などと呼ばれ、無線機や携帯電話、パソコン、ICカード、デジタルカメラ、液晶テレビ、カーナビ、ゲーム機器、果ては医療機器にまで使用されているのです。
私たちは知らない間に、すでに生活の中でパワーストーンの恩恵に与っていたのですね。


そんな、古代から現代に至るまで人々の生活と深く結びついているパワーストーンの意味を、種類別に見ていきましょう。
そうして、あなたの願いにあった石を見つけたら、実際に店舗などで手にとってみましょう。
あなたに合った最高の石と出会えますように。

あなたの誕生日と血液型、現在の状況から
最適なパワーストーンの組み合わせを導き出します!!
復縁を叶える
効果を高めて復縁を成功させましょう!!

Δ ページのトップヘ戻る