門田稲荷神社(かどたいなりじんじゃ)


門田稲荷神社

【所在地】栃木県足利市八幡町387

【アクセス】東武伊勢崎線「東武野州山辺駅」下車、徒歩8分



京都の伏見稲荷、東京の榎木稲荷と並ぶ日本三大縁切稲荷のひとつであるのが、この門田稲荷神社です。
男女間だけではなく、病気や薬、賭け事、タバコやお酒、事故や災難の縁切りにご利益があり、復縁の助けになってくれるかもしれません。


門田稲荷神社は、下野國一社八幡宮の境内にあり、御祭神には倉稲魂神(うかのみたまのみこと)を祀っています。
日本三大の縁切稲荷と言うだけあって、不気味な雰囲気の渦巻く場所として地元の方の中でも有名です。
念の篭った絵馬の中には、縁を切りたい人物の写真を貼ってピンなどを刺しているものなどもあるほど。
門田稲荷神社で悪癖や悪縁が切れるように祈願すれば、煩わしかったものと縁が切れ、復縁のきっかけになるかもしれませんね。


門田稲荷と倉稲魂命


古事記ではスサノオとカムオオイチヒメとの間に生まれたとされ、宇迦之御魂神(うかのみたまのみこと)と記されています。
日本書紀では、イザナギとイザナミが飢えに苦しんでいたときに生まれたとされ、倉稲魂命と記されています。
『ウカ』というのは穀物や食物のことを指し、穀物の神と崇められ、古来より女神として祀られてきました。


門田稲荷神社には、古くから縁切りに関する絵馬が数多く残っており、縁切りにご利益があるとされてきました。
祀っているのは稲荷(狐)であるため、祈願やお礼参りの際には、お揚げやいなり寿司などを納めるとよいと言われています。

パワースポットにも相性があります。
あなたと波長の合う神社はどこでしょうか?
復縁を叶える
どこへ参拝するべきか占ってもらいましょう!

Δ ページのトップヘ戻る