持明院(じみょういん)


持明院

【所在地】大阪府大阪市天王寺区生玉町2-15

【アクセス】地下鉄谷町線「谷町九丁目」下車、生玉神社参道の右手側


縁切りの神様である『橋姫大明神』と、縁結びの神様である『卯之日大明神』、稲荷(狐)である『二十日大明神』を祀っている持明院。 生国魂神社の表参道にあり、恋が成就すると言われている生国魂神社に行く前に、ここで縁切りをして、生国魂神社で復縁祈願をしましょう。


門前に建てられている石碑は深く埋められており、そうした理由は不明だとのこと。
『浪華百事談』の書物に記された内容では、持明院には縁切り厠があり、そこで離縁を祈願すれば、縁が切れると言われていたそうです。
悪縁を切ると言われている『橋姫大明神』は、宇治の橋姫神社からの御分霊です。
縁結びの神とされている『卯之日大明神』は、兎が祀られており、子だくさん、という意味だそうです。


縁切りと縁結びの両方を持つ持明院


持明院の縁起は不明ですが、豊臣秀吉がいた時代からあり、その頃は木村長門守重成の屋敷跡であったと伝えられています。 三角関係の縁切り、男女の縁結びなど、切実な想いを抱いた全国各地の人々からの参拝が跡を絶ちません。


また、こちらも縁切り神社ではなく『縁切り寺』になります。
左側から入られる方が多いですが、まずは縁切りである右側の『橋姫大明神』から参拝し、その後に縁結びである左側の『卯之日大明神』で復縁を祈願するとよいでしょう。

パワースポットにも相性があります。
あなたと波長の合う神社はどこでしょうか?
復縁を叶える
どこへ参拝するべきか占ってもらいましょう!

Δ ページのトップヘ戻る