縁切榎(えんきりえのき)


縁切榎

【所在地】東京都板橋区本町18

【アクセス】都営三田線「板橋本町駅」下車、徒歩5分



板橋にある『縁切榎』は、江戸時代からの名所であり、元々は大六天神の神木があった場所で、悪縁を切って良縁を結んでくれると庶民の間で礼拝されていました。
縁切りに非常に強い力を持ち、和宮が下向した際に縁起が悪いと迂回したという史料があるほどで、復縁のために何かの縁を切らねばならない人の助けになるでしょう。


縁切榎は、昔から男女の悪縁や悪い習慣との縁を切りたいときに、その樹皮を削ぎ取り、煎じて相手に密かに飲ませると成就すると言われていました。
嫉妬や依存心との縁切りをしたい、復縁相手の現在の恋人との縁を切らせたい、などの色恋、人間関係のトラブルの根本的な原因を解消してくれるとされています。
また、それだけではなく、自らに振りかかる災いや不運との縁も切ってくれると言われていて、どうしてか恋人とうまくいかないという人にもおすすめします。
この神社の絵馬は最寄りのお店(長寿庵・八百善・大口米店)で受けることができます。


江戸時代の別れ方


縁切榎の樹皮を削ぎ、相手に煎じて飲ませる―そんな涙ぐましい努力をしなければどうにもならなかった江戸時代の女性たち。
自分で削げば世間に別れたいことが悟られてしまうため、樹皮を削ぐのでさえ茶店の店員や、近場の子どもに頼み、密かに入手していたと言われています。
お酒に混ぜて飲ませれば、相手は下戸になるという文献も残っていて、人間関係だけではなく『物』や『悪習』との縁を感じていたことがわかります。


縁切り祈願をするときの注意点としては、恨み、悲しみなど感情的にならずに『縁切り』だけをひたすらに願うことです。
ここに訪れる方は非常にナイーブになっているかもしれませんが、あなた自身の負の感情に引っ張られてしまわないようにしましょう。

パワースポットにも相性があります。
あなたと波長の合う神社はどこでしょうか?
復縁を叶える
どこへ参拝するべきか占ってもらいましょう!

Δ ページのトップヘ戻る