豊川稲荷東京別院(とよかわいなりとうきょうべついん)


豊川稲荷東京別院

【所在地】東京都港区元赤坂1-4-7

【アクセス】東京メトロ「赤坂見附駅」「永田町駅」下車、徒歩5分


本尊である豊川荼枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)を本殿に祀っている他、縁結びの神である愛染明王(あいぜんみょうおう)も祀られています。
しかし、縁切りスポットはここではなく、境内の奥にある『叶稲荷尊天(かのういなりそんてん)』が縁切りや因縁除けに効果があると言われています。


豊川稲荷東京別院は、日本の三大稲荷に数えられる愛知県にある三州本山豊川稲荷の直轄にあたる別院で、神社ではなく寺院です。
境内には縁切りの他に融通稲荷、子宝観音、身代わり地蔵、銭洗弁財天、七福神、三神殿、霊狐塚などがあります。
そのため、縁切り以外に開運、所願成就、守護、厄除け、無病息災、仕事、技芸向上、恋愛、良縁結び、商売繁盛、金銀融通、人間関係良好など、広くご利益があることでも知られているので、縁切りをした後は縁結びを祈願してくれば完璧ではないでしょうか。


大岡越前守忠相公


江戸時代、大岡越前守忠相公(おおおかえちぜんのかみただすけこう)が自分の江戸屋敷の中に創建し、守り神である『豊川稲荷』を勧請したのが始まり。
元々は赤坂一ツ木にあったのですが、1887年に現在の場所に移りました。
祀られている荼枳尼眞天は人を選ぶようなことはしないため、誰でもご利益を授かれると当時から様々な人に信仰されてきたと言います。
それは現在でも変わらず、芸能やスポーツ関係者の参拝も多いそうです。

パワースポットにも相性があります。
あなたと波長の合う神社はどこでしょうか?
復縁を叶える
どこへ参拝するべきか占ってもらいましょう!

Δ ページのトップヘ戻る