貴船神社(きふねじんじゃ)


貴船神社

【所在地】京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

【アクセス】JR「貴船口駅前」下車後、京都バス33系統「貴船」下車


水を司る龍神である『高龗神(たかおかみのかみ)』を祀っている貴船神社。
古くは『氣生根(きふね)』とも書かれ、生力が生じる根源の地としても有名です。


縁結びで有名になったのは、平安時代の女流歌人である和泉式部に発端します。
和泉式部が夫と不和になってしまったとき、貴船神社に参拝して復縁祈願をしたところ、夫との復縁が成就したという伝説があります。
それからというもの、若い人々から縁結びの神として絶大な人気を集めるようになったそうです。
復縁を祈願するのなら、こちらの貴船神社がご利益があるかもしれませんね。


神話の伝承


高龗神―別名、闇龗神(くらおかみのかみ)は、水を司る龍神であり、その土地に雲を呼び、雨を降らせ、太陽を招いて、降り注いだ雨を地中に蓄えさせ、少しずつ湧き出させる、といったことをしてくれる神様です。
呼び名は違えど同じ神とされ、高龗神は『山上の龍神』、闇龗神は『谷底暗闇の龍神』などとも言われています。


また、御伽草子では中将と鬼の姫との恋が描かれ、一度は中将を守るために鬼の姫は犠牲となって死んでしまいますが、鬼の姫は中将の伯母の娘として転生し、二人は幸せに暮らし、やがて神様として貴船神社に祀られた、とされています。
節分のときに行われる豆まきは、この二人が節分の夜に襲ってきた鬼の軍勢を、霊言と共に炒り豆を投げて退けたことに由来します。

パワースポットにも相性があります。
あなたと波長の合う神社はどこでしょうか?
復縁を叶える
どこへ参拝するべきか占ってもらいましょう!

Δ ページのトップヘ戻る