気多大社(けたたいしゃ)


気多大社

【所在地】石川県羽咋市寺家町ク1

【アクセス】JR「羽咋駅」下車後、北鉄能登バス高浜、富来方面行き「一の宮」バス停下車~徒歩5分


その名の通り、多くの『氣』が集うと言われている『気多大社』。
祭神には、数多くの試練を乗り越え、その恋を成就させたという大国主神(おおくにぬしのかみ)が祀られています。


気多大社は縁結びの神として有名で、日本の四大社のひとつでもあります。
なんと、創建二千百年もの歴史を持ち、『入らずの森』と日本海に囲まれています。
遠方にいて参拝することができない人のために、オフィシャルサイトでお守りを贈ってもらうことができ、メールでの祈願も受け付けています。
また、かなった恋話の体験談や、失恋から立ち直った体験談などもあり、見ているだけで元気を取り戻せそうです。


神話の伝承


大国主神は須勢理毘売(すせりひめ)に恋をしますが、須佐之男命(すさのおのみこと)から幾多もの試練を課せられます。
それは、蛇がいる部屋や、ムカデと蜂のいる部屋に閉じ込められたり、野に放ったかぶら矢を探させられている間に焼き殺されそうになったりと、とんでもないものばかりでした。


しかし、大国主神はそれを乗り越え、ようやく須勢理毘売と結ばれます。
そして、須佐之男命は大国主神に『多くの神々を倒し、大国を統治する神となり、現世の中心者となり人々の魂を導くため、宇迦の山に社を建てて須勢理毘売と住め』と諭したと言います。

パワースポットにも相性があります。
あなたと波長の合う神社はどこでしょうか?
復縁を叶える
どこへ参拝するべきか占ってもらいましょう!

Δ ページのトップヘ戻る