新月の日に、意中の相手を思い浮かべるおまじない


ここでは、新月のパワーを使った復縁のおまじない「新月のアファメーション」を紹介します。
新月は、物事をスタートするのに絶好のタイミングです。
新月の光は過去を浄化し、クリアな状態にしてくれるでしょう。
新月のおまじないをすれば、絶好のチャンスが訪れ、意中の相手との復縁が実現するでしょう。
新月が過ぎてしまった場合は、新月の写真を利用し、イメージングでおまじないをしても効果があります。
また、良縁を探している方は、新月のおまじないを行うことで、良き理解者や最良のパートナーが見つかります。
復縁だけでなく、恋愛運を上げたい方もぜひ、このおじないを試してみてください。

■おまじない方法


おまじないの方法は、カンタンです。新月の日に、意中の相手を思い浮かべ、アファメーション(実現して欲しいことを声に出して唱える)するだけでOKです。
おまじないは、リラックスできるバスタイムや寝る前に行うと良いでしょう。
ゆったりした気持ちでアファメーションすれば、意中の相手との関係性が修復しやすくなります。
また、新月の日におまじないをすることで、過去を清算し、新しい未来が築けるようになります。
お風呂でおまじないをする場合は、浄化作用のある粗塩をひとつまみ入れると良いでしょう。
また、新月を過ぎてしまった場合は、寝る前に新月の写真をみながら、おまじないをしてもOKです。
新月の写真は、ネット上でカンタンに検索できます。
写真が見つけたら、自らが月の光に照らされているところを想像し、アファメーションを行ってください。

アファメーションを行う際の注意点ですが、願いを唱える時には、必ず「叶った状態」を想像し、唱えてください。
例えば、K君と復縁したい場合のアファメーションは「私とK君は、復縁することができました。ありがとうございました。」というように「完了形」で、アファメーション行います。
新月のアファメーションでは、必ず(願い事を)完了形にすることが大切です。
「Mちゃんと仲直りできますように」という唱え方ではなく「Mちゃんと仲直りできました、ありがとうございました」と、感謝しながら、完了形で唱えるようにしましょう。
きちんとした形でアファメーションをすれば、新月のパワーで、願いが叶いやすくなります。
カレンダーをチェックしたら、新月の日に合わせて、このおまじないを試してみてください。
また、復縁以外にも叶えたい願いがあれば、新月の日にアファメーションすると「願いの現実化」が加速されます。

どんな方法よりも強力なおまじない……
それは、あなたにしか出来ないおまじないです。
復縁を叶える
あなたのための復縁おまじないを教えてもらいましょう!

Δ ページのトップヘ戻る