定期入れがきっかけの場所に導いてくれる復縁おまじない


別れた恋人との復縁を目指したいあなたに、復活愛へ一歩近づくことができるおまじないを紹介します。
使うものは、定期入れ、付箋、青色鉛筆です。このおまじないには、恋愛運や復活愛運をアップさせてあなたの恋愛に関する運気を良くするだけでなく、相手と再び会えるチャンスがやってくる効果があります。
ケンカ別れをしてしまって相手と会いづらいという人や、相手がどこか遠くへ行ってしまって会える機会がグンと減ってしまったという人も、元恋人とバッタリ再会することができるでしょう。相手とケンカをしてしまっていた人は、仲直りをすることも出来ます。
恋愛運の上昇運気に乗れば、そのまま再び仲を深めて交際を始めることも出来るでしょう。

■用意するもの


・定期入れ
・付箋
・色鉛筆(青)

■おまじない方法


付箋はなるべく大きめのサイズのものを用意します。色は何色でも構いませんので、好きな色を選びましょう。
付箋の表面に、青色鉛筆で大きな円を5回描きます。5つをバラバラに描くのではなく、線が重なるようにして、五重丸をすべて同じ円の大きさで描くイメージで行ってください。
描き終わったら、円の中を青色鉛筆で薄く塗りつぶします。先ほど描いた線がきちんと見えるくらいの濃さで塗ってください。
その付箋を定期入れに入るくらいの大きさのカードや厚紙に貼り付け、定期入れに入れてください。小窓が付いているタイプの定期入れなら、小窓から青い円が見える向きで入れておきます。
あとは、その定期入れを毎日使うバッグに入れて持ち歩くだけでOKです。

定期券は旅や通勤通学で使うものであることから、あなたが行きたいところ・行くべきところへ連れて行ってくれるという意味を持っています。復縁を目指しているあなたは、以前の恋人と会うことができる場所へ行きたいはず。その場所がたとえ具体的に決まっていなくても、この定期入れは行くべきところへあなたを連れて行ってくれるのです。元恋人と偶然会える場所や彼がよく行くところなど、復縁のきっかけとなる場所へ導いてくれるでしょう。
青色の色鉛筆で描いた五重の円は、あなたに縁を運んできます。青は幸運の色ですし、青色がふたりの心を落ち着けて再び話し合えるようにしてくれるでしょう。ケンカしていた場合の仲直りにもぴったりの色だと言えますね。
付箋は「くっつける」ものであり、ふたりの仲を再びくっつける役割を果たしてくれます。また、メモや連絡事項を目立たせるために使いますから、付箋に描かれた五重の円は、持っているだけで強い存在感と効果を発揮してくれるのです。

どんな方法よりも強力なおまじない……
それは、あなたにしか出来ないおまじないです。
復縁を叶える
あなたのための復縁おまじないを教えてもらいましょう!

Δ ページのトップヘ戻る