【復縁の心構え・その九】復縁成就のためのポイント


復縁を成功させるために、これまで色々な方法を挙げてきました。
しかし、それでも不安が消えなかったり、復縁に対してネガティブになってしまう人へ大事なポイントをお教えします。


そのポイントとは、相手を、自分を『許す』ということです。
許す、とはどういうことでしょうか。
すべてを受け入れる、諦める、信じる、など色々浮かんでくると思います。
それは、おそらく全部正解です。


『許す』という言葉は、それ一つで色々な意味を持っています。
漢字では『赦す』『釈す』『聴す』『恕す』『宥す』『緩す』『聽す』『弛す』とも書きます。
一つの言葉で、これだけの漢字があるのは、非常に珍しいです。
では、なぜこれだけ同音の漢字が存在するのでしょうか?
その答えは、許すという言葉の意味が、それだけ多いということです。


相手の希望、要望を聞き入れること。
失敗や過ちを責めたり咎めたりしないこと。
義務であったり、負担であることをしなくても済むようにすること。
相手のやりたいようにやらせること。
自由を認め、ある事象を可能にすること。
警戒心や、緊張をゆるめること。
自分以外の他人と打ち解けること。
世間に認められ、高評価を得ること。


これらは、全部が『許す』という言葉の意味です。
復縁を成功させるポイントは、彼も、あなたも、過去も未来も許すということなのです。


何をどう許したらいいのか


ここでポイントなのが、何を許せばいいのか、ということです。
それがわからず、ただその言葉を使っても意味がありません。


一番わかりやすいのは『まあ、いいよ』で済ますことではないでしょうか。
たとえば、彼からメールの返事が来なかったとしても『まあ仕方ないか』と思ったり、自分が『嫉妬したくない』と思っているのに嫉妬してしまったときに『しょうがないなぁ』と思うこと。
ただ、なんでもかんでもそうして『仕方ない』で済ますと、ただの怠け者になってしまいます。
ですから、文頭に『今は』『あのときは』と付け足しましょう。
これからは違う、変わっていく、という心があってこそ『今は仕方ない』『だけど』と繋げられるのです。
ここで言う『許す』というのは『ただ諦める』ということとは違うのです。


そうやって、過去の自分や相手を否定せず、肯定すること。
今の時点で失敗してしまったり、うまくやれなかったことを認めてあげること。
それらを理解した上で、それでも前に進んでいこうという気持ち。
それが『許す』ということだと覚えていてください。


どうしても自分や彼に対して『許せない』と思うことがあるなら、それを許す方法をプロの占い師に聞いてみませんか?
きっと解決の糸口が見えてくるはずですよ。



Δ ページのトップヘ戻る