【復縁の心構え・その八】復縁メール


復縁するためには、連絡を取るというのが必要不可欠になってきますよね。
それが電話ならばいいのですが、どうしても電話ができない、着信拒否をされている、電話しても出てくれない、など様々な理由で電話での連絡が困難な場合があると思います。


そういった場合は、自然と連絡形態がメールになることが多いでしょう。
また、今ではメールの代わりにLINEが主流となってきていますね。
ですが、よほど気さくに連絡が取れる状態でなければ、LINEではなくメールにしておきましょう。
というのも、LINEは既読表示が出るため、それだけで相手にとって心の負担になります。
それだけでなく、もしも既読表示がつかなかったら、既読表示があるのに返事がなかったら…あなたは、それに振り回されて余計に心が不安定になってしまうと思います。
ですので、相手にも自分にも負担が少ないメールの方が、連絡を取るのには適しているのです。


どういうメールを送ったらいい?


まず、メールを送る前にあなたが悩むのは、どういった内容のメールを送ればいいのかだと思います。
もし、一ヶ月~数ヶ月くらい連絡を取っていないのであれば、そろそろ一通くらいメールを送ってみましょう。


ですが、もしもあなたが最後にメールをしてから一ヶ月経っていないのであれば、内容を考える前にメールを送るの期間を一ヶ月先にしてください。
何度も言っていますが、相手からの返事がないのに一方的なメールを送るのは、相手との距離を開くだけなので注意してください。


さて、送るメールの内容ですが
「ごめんね、あのときは私が悪かったよ。反省してる」
「今は前とは違うよ。やっと私、変われたから」
などという『返事に困る』メールは、いきなりしないようにしましょう。


出来れば、もっと軽く、素っ気ない文章を送りましょう。
「季節の変わり目で風邪ひいちゃったよ。◯◯は風邪ひいたりしてない? ちょっと気になっちゃって」
「◯◯って映画好きだったよね。最近、なんかオススメある?」
など、相手が重く感じずにさっと返せるような内容に留めておくといいです。


「前に私が持ってた(持ち物)見つからないんだけど、◯◯のところにない?」
「家に◯◯の(私物)あるんだけど、どうしたらいい?」
「◯◯って(グッズ)好きだったっけ? 友達からもらったんだけど、いる?」
など、相手が「あるよ」「ないよ」「いらない」「いる」のように一言で返せる内容も効果的です。
また、上記は『物』がキーワードになっているので、うまく行けば渡すことをきっかけに会うことも可能です。
焦らずに、少しずつ復縁を成功させていきましょう!


あなただけの復縁メールを知りたい人は、こちらの復縁占いで教えてもらうのも一つの手だと思います。
客観的に占ってもらうことで、思いもつかなかったメールや方法が見つかるかもしれません。



Δ ページのトップヘ戻る