【復縁の心構え・その五】相手に与えること


あなたは復縁を願うあまり、相手に求めてばかりではありませんか?


もう一度、振り向いて欲しい。
友達でもいいから、一緒にいて欲しい。
今はまだ戻れなくてもいいから、連絡くらいして欲しい。


こういった想いは、あなたからしてみれば譲歩した物言いかもしれませんが、相手からしてみれば、ただ求められているだけで、何一つ与えてもらっているものがありません
反対に、あなたが彼から与えてもらったものとは、どんなものがあるでしょうか?


笑顔、安心、楽しさ、嬉しさ、幸せ
そういったものを、あなたは相手に与えられていたでしょうか?
そして、今もそれを与えられているでしょうか?
おそらく、答えはNOでしょう。
厳しいようですが、なぜならそうであれば、あなたたちは別れたりはしなかったはずです。
また、今もあなたが彼にそういった想いを与えられていたのなら、すでに復縁が叶っているはずですから。


求めることを、全てやめてみる


では、どうしたら彼との復縁が叶うのか。
それは、一度彼に求めることを全部やめて、与えることだけに専念することです。


具体的には、返事を求めるようなメールを送らない、返事がなければ連絡をしない、気軽に接する、楽しめることを提案する、ただ近くにいる、話を聞いてあげる、笑顔を向ける、などです。
あなたの状況によって、できることは違うと思いますが、基本は変わりません。
求めることを、すべてやめてしまえばいいのです。
そうしてしまえば、残るのは自然と与えることだけになっていきます。


連絡をしてしまうのは、相手からの返事を求めてしまうからです。
相手の前で笑えないのは、心配して欲しいからです。
縋ってしまうのは、相手に振り向いて欲しいからです。
その気持ちを持っていてはいけないとは言いません。
ですが、それはあなたの心の中にだけ持っておくようにしましょう。


わかっていても求めてしまう、縋ってしまう、どうしたらいいのかわからない。
そんな人は、本格的な占いでより詳しくあなたに合った方法を見つけてもらいましょう。
復縁を目指すあなたにとって、強い味方となってくれます。



Δ ページのトップヘ戻る