【復縁の心構え・その九】引き寄せの法則


あなたは『引き寄せの法則』という言葉を知っていますか?
引き寄せの法則とは、自分が描いたイメージから、それが成功するために必要なものを引き寄せて実現させるという法則です。


これは実現が可能な夢ならなんでも構わないので、もちろん復縁にも効果を発揮します。
そんな、イメージするだけで叶うわけない
と思った人は、ちょっと待ってください。


確かに、話を聞いただけでは正直なところ、なんだかウソっぽい…と思うかもしれません。
ですが、これで成功した人が実際にいて、インターネット上でも様々な体験談が寄せられています。
また、富や生活などで人生を成功させている人は、これを意識せずともやっている人がほとんどなのです。


では、成功している人と失敗している人の中で、違うものはなんでしょうか。
それは、成功する人は『夢は実現するもの』と考えていて、失敗する人は『夢が叶ったらいいな』と考えているのです。
そのため、前者は『自分は◯◯になる!』『絶対に◯◯する!』と思い込むのに対し、後者は『◯◯になりたい』『◯◯したらいいな』と考えます。
引き寄せの法則は、紙に書いて、言葉として声に出すことで、後者の考えを、前者のような考え方ができるように自分を変えてくれるのです。
そして、そうやって自分を疑うことをしない人には、自然と人が引き寄せられていきます。
それこそが、引き寄せの法則の効果なのです。


実際に引き寄せの法則をやってみる


では、実際に引き寄せの法則をやってみましょう!
用意するものは、ノートとペンだけ。
ノートは引き寄せの法則のためだけに使う『引き寄せノート』にするといいでしょう。


やり方は簡単です。
自分が本当に望むこと(この場合は復縁)に集中し、それが叶った状態をイメージします。
イメージができたら、復縁した後にやりたいことや行きたいところに行っているところを想像し、それを日記のように書きだしていきます。
このときに、自分が楽しい気持ちや嬉しい気持ちになっていれば、なお良いです。


書き出すときは、できるだけ具体的に書いていきます。
日記形式にするには、それが願望ではなく、すでに実現したと感じるためです。
復縁した後も、彼との結婚を考えるなら、引き寄せの法則で結婚後の生活を書いていくといいでしょう。


本当に、引き寄せの法則でイメージしたことは実現化するの?
と思ってしまう人は、悪いことが起こったときのことを思い出してください。
そのとき、あなたは悪いことが起きる前に、何かしらの前兆を感じていませんでしたか?
たとえば、目の前を黒猫が横切ったり、靴紐が切れたり、朝から皿を割ったり
そういった『縁起が悪い』ことに遭ったとき、人は『悪いことが起こりそう』と考えてしまいます。
そうして、実際に悪いことが起きると『やっぱり』と思います。
それこそが『思考の実現化』に他ならないのです。


それを『悪いこと』ではなく『良いこと』に置き換えてみましょう。
悪いことの場合に起きるのですから、良いことだって思考の実現化が起きるはずなのです。
それが『引き寄せの法則』という『良い思考を実現化する』ためのプロセスなのです。


なぜか引き寄せの法則がうまくできないという人は、何か理由があるはずです。
自分でも気付いていないかもしれないその理由を、無料占いで占ってもらってみてはいかがでしょうか。



Δ ページのトップヘ戻る